OP PAGE MY LIFE BACK NUMBER 地図・営業時間 MAIL

web Cafe Adrenaline vol.81
2008-12-02 (火) update
since 2000



Midship Sports Car
Old & New
冬こそ窓をあけて走れ!屋根をあけろ!風邪ひくな!(笑)

2008年11月30日 (日)pm4:00 気温4℃

ついにやってきましたね〜外気温が冷蔵庫の中といっしょの季節が。寒いぜー。

ワインレッドがよく似合う、ロータス・エリーゼ(フェイズ2)/S

そう、搭載されているエンジンは、トヨタ・セリカやMR−Sなんかと同じで、
1ZZ-FE型/直列 4 気筒 DOHC VVT-i /1,794cc/136馬力、車重890キロ。

アルミ製のシャシーは、飛行機用の接着剤で組み立てられています。
リベット止めでもなく、溶接でもない、接着剤だもんね。さすがロータス、イギリス人恐るべし!

このクルマを運転しているドライバーの気持ちはどうあれ、
この顔がバックミラーに映った途端、なんとなく気分が高揚するというか、プレッシャーに感じるよね。

高速道路ならまだしも、峠道だと余計にそう感じると思う。
僕ならペースを落として、左ウィンカーを出して、窓から手を出して、「お先へどうぞ〜」、ってやると思う。

このクルマのオーナーさんのすごい所は、なんの予備知識もなく、偶然アドレナリンに辿り着いたこと!

ある朝、なんとなく家を出て、行き先も決めず、高速にのって、中央道に入って、
瑞浪付近で工事の渋滞にあって、しゃーないから恵那インターでおりて、なんとなく中津川へ入って、
ふと見るとオレンジ色の看板があったんで、コーヒーでも飲もうと思って入った店がアドレナリンって、すごくない?!

しかも名古屋市中川区からだよ!、しかも入店時間がオープンの9:00ジャストって!
ものすごい確率だよね。
地元の人でも、よく電話掛けてくれて「そこの場所どこ?」って尋ねてくるくらい分かりにくい場所なのに、すげーわ。

てっきり僕は、「あー、ここを目指して、オープンに間に合うように、逆算して来てくれたのかな?」、って思うじゃん。
つーか、土日祝の朝って、そういうお客さん多いし。クルマがエリーゼだし。絶対そうだと思ってた。

そしたら違うって言うじゃん!、
単に道に迷っただけって言うじゃん!、 もーショックだよね。(笑)


当然、名古屋時代のアドレナリンも知らねーって言うからさ、
はあ〜、世の中にはこんな不思議な偶然ってのもあるんや〜って思ったね。

・・・以来、よく遊びにきて頂いております。

この日はお友達もご一緒に。

後ろのドアノブが洒落てますな、Cピラーの付け根のとこ。 さすがイタリア。

アルファロメオ156の前期型 (1997年〜2005年まで生産)

アルファ・ロメオ史上、最も成功したモデルですな。
最近めっきり見なくなりましたけど、日本でもよく売れました。
特筆すべきスペックやら、最新のメカニズムはとくに無かったけど、上品だし、かっこいいよね。
※あ、セレスピード(MTのようなシフトレバーをもつAT)があったっけ? しかし日本の道路事情には・・・(苦笑)

あー寒い。もうそろそろ閉店時間だし、後片付けの準備でもしようかな〜 と思っていたら・・・





ギュイイイイイイーン!と近づいてくるメカノイズ! なんだ!?




















































でた!

ディノ246GT

なんでかね?この手のクルマってさ、
エンジンを切ってからしばらくして漂ってくるオイルの焼ける匂い・・・そのなんとも甘いこと。(笑)
芳醇で、魅惑的で、日常生活では絶対に味わえない、貴族的で、悪魔的な匂い。

この撮影中ずっとそんな匂いが漂っておりました。

購入されてから、数年間かけてフルレストアされたという新車のようなディノ。

クルマにもアンチエイジングという言葉があるとしたら、まさにこの固体にはピッタリですな。
えー、ちなみに、このクルマと、僕は、同じ歳。(汗)

いっそ僕もフルレストアされてアンチエイジングを手に入れるか?(笑)


たった一度の人生、
夢をあこがれで終わらせるか、

それとも、
大人として最低限のリスクマネージメントを考えつつ、
周囲の人に馬鹿だなんだと言われようとも、じりじりとその距離を縮め、
縮まったかと思えば、また離れ・・・そんな一進一退を繰り返し、
何度も折れそうになる気持ちを奮い立たせ、
仮に念願かなって、手に入れたとしても、
その先にはイバラの道しか用意されていなかったとしても、
「これで良かった」、と納得できる自分がホントにいるのか自問自答し、
とはいえ最終的には、半分は神頼み、半分は自分次第、という冷静さを保ったまま、
ちゃんとした足取りで、夢に向かって歩いていく道を選ぶか、

・・・ふと、このクルマをと眺めながら、そんな馬鹿みたいなことを思うのでありました。(笑)



Cafe Adrenaline/水野雄一






OP PAGE MY LIFE BACK NUMBER 地図・営業時間 MAIL

web Cafe Adrenaline Since January, 2000
Written in Japanese / Japanese fonts required to view this site
Copyright (C) 2000-2016 Cafe Adrenaline All Rights Reserved



SEO [PR] カード お取り寄せ ルクエ 動画 無料レンタルサーバー SEO