OP PAGE MY LIFE BACK NUMBER 地図・営業時間 MAIL

web Cafe Adrenaline vol.196
2012-1-13 (金) update
since 2000




昨年ネタ・その2

前号と同日ですが、今号では単独で飛来されたフレンチロケットを少しだけ・・・ の巻

196-1.JPG - 358,838BYTES

196-2.JPG - 333,375BYTES

196-3.JPG - 306,215BYTES

196-4.JPG - 316,965BYTES

196-5.JPG - 313,780BYTES






ちょうど前号を撮影中に、グロァオオオオオオオオオオーン!!
と雄叫びを上げながら来て下さったルーテシア・ルノースポールV6・前期型。

あきらかに貸切り営業っぽい雰囲気に、
ドライバーさん曰く、「入れますか?食事に来たのですが・・・」、とのこと。

いやあ嬉しいですね。疲れも吹っ飛びます。
「これだけ撮り終えたら中(厨房)に戻りますんで、どーぞどーぞ」、と僕。
安心されたご様子で奥様と店内へ入って行かれました。ホント感謝です。

しかしこのモデル、2001年のデビューだから、もう11年前かあ。
大好きですね、こういうギリギリのバランス感覚のクルマ。

蛇足かもしれませんが念のためこのクルマをご説明するならば、
例えればルノーはフランス本国において、日本のトヨタみたいなもんだし、
だとすればルーテシアはトヨタのヴィッツみたいな存在。

そのヴィッツのエンジンを抜いちゃって、後部座席を取っ払い、
そこへクラウンのエンジンを押し込んだクレイジーなクルマ、とでも言うべきか。

で、この前期型は発売直後から、「直進安定性が素晴らしく悪い」、という声が寄せられ、
なんとルノーは、ポルシェ社に相談し、ポルシェの出した回答は「根本的にホイールベースが短すぎ!」、
との指摘をし、後期型ではシャーシ全般に変更が加えられたというエピソードをもつ。

個人的には、そういった大手メーカーにもかかわらず、
エキセントリックなクルマに理解を示し、モノ作りに対して攻めの姿勢を忘れない所に好感がもてますし、
全工程手作りがゆえに月/5台しか作れなかったという効率の悪さも素敵!


やっぱりルノー万歳!フランス万歳!やな。





Cafe Adrenaline / 水野雄一








OP PAGE MY LIFE BACK NUMBER 地図・営業時間 MAIL

web Cafe Adrenaline Since January, 2000
Written in Japanese / Japanese fonts required to view this site
Copyright (C) 2000-2016 Cafe Adrenaline All Rights Reserved



SEO [PR] カード お取り寄せ ルクエ 動画 無料レンタルサーバー SEO