OP PAGE MY LIFE BACK NUMBER 地図・営業時間 MAIL

web Cafe Adrenaline vol.161
2010-12-16 (木) update
since 2000


長い一日・夜編

三河の Rock'n Roll チーム/ストレイツの結成3周年記念ライブに駆けつける の巻









・・・前号からのつづき。

中津川インターから中央道〜東海環状へ入り、豊田東インターを下車。
夕方の渋滞に巻き込まれながら国道248号〜1号線を経由し、
18:30 愛知県安城市にある「夢希望 RADIO CULB」 へ到着。

15:00から行われているこの長丁場のライブもあと90分ほどで終わろうとしている。

急げ!急ぐんだ!








急げって!










なにもたもたしてんだよ!














だってコレ・・・



























・・・うーむ、、、しゃーないか。(笑)











こういった場に乗り付けるには極めてフォーマルなクルマかも!
リーゼントに革ジャン、先の尖った革靴とくれば、この系統が良く似合う。
もちろん馬鹿デカいキャデラックなんかもいいと思うけど、J’Sの旧車ってのも粋だよね。

幹線道路沿いのだだっ広い駐車エリア&水銀灯の照明で撮影すると、
この、塗装のテカテカ感、メッキのギラギラ感が、素晴しくロックな印象を与えてくれます。

自動車メーカーの設計思想やヒストリーを熟知したうえで、そのクルマを買う、
というのも良いけど、そんな面倒臭いウンチクは無視して、
あっけらかんとファッションの一部として買う、
てーのも楽しくていいよね。

洒落っ気のある生き方には華があるから。














155号でもご紹介しました、
三河の「ストレイツ」というRock'n Roll チームが主催する
結成3周年を記念ライブに行ってきました。

当HP管理人・寺西氏が行っている中津川ロックンロールライブ
Hello!! Rock Night を通じて、当初、顔見知り程度の関係から、
徐々にお声を掛けて頂くようになりました。

はじめお目に掛かった時の第一印象は、

TAKAさん/
きれいにそびえ立ったリーゼントに、皮ジャン、皮パンの黒づくめ。
怖いと言えば怖い風貌だけど、とにかく最初から最後まで最前列で踊りまくりで、
周りにいる一般の人の表情はステージの上のバンドも見てるんだけどー
目の前でこれだけ熱心に踊られちゃうとついつい気になって見ちゃう、という感じ。
もちろん好き勝手に踊っている訳じゃなくて、ちゃんとバンドの演奏にあわせて、
バンドメンバーをコミュニケーションしながらのパフォーマンス。
一言で表現するなら、「人情味溢れるサービス精神旺盛なナイスガイ」。

HITOMIさん/
一言で言うなら”華”のある人。
(失礼ながら)この道にどっぷり浸かってウン十年という風格はあれど、
誰にでも気さくで、明るく、楽しく、優しく、そしてキュート。

そんなお二人が曲にあわせてカッコ良く踊る姿は
いつの間にかHello!! Rock Night の名物となり、
毎回毎回、律儀に来て下さり、ちゃんと最初から最後まで、
大いに場を盛り上げてくれる。

曲がりなりにも僕も客商売で身を立てているので、
こういったお客さんの有難みは人一倍よく分る。

もちろん僕はHello!! Rock Night の主催者じゃないけど、
普段から僕をサポートしてくれている寺西氏を、
こういったカタチでサポートして下さるのは、
僕をサポートしてくれているのと同じこと。

そのお二人がストレイツというチームを立ち上げ、3周年となれば、
たとえ会場が安城市だろうと、多少時間に遅れようと、とりあえず顔を出し、
おめでとう!を言うのが僕のスタンダード。

って言うか、
これまで僕が多くのアドレナリンのお客さんからして頂いたことを、
今度僕がしているだけの話なんだけどね。(苦笑)

けど人間関係ってそうやって作っていくもんだし。














あわてて会場入りすると、ちょうどシャウトが演奏中。

豆ブギは既に演奏を終えていて観戦できず残念。

いつもはブラックレザーの上下でクールにきめているシャウトだけど、
こ、この日はなんと、ピンストライプのスーツじゃん!
白い襟なんか出しちゃってるし!
そんな話聞いてないしっ!!(笑・けどカッコイー!)

いやはや、僕にとっては素晴しいサプライズでした。

あと、当店の近所で床屋さんをされてみえる
ber bar BON! のご主人さんにも声を掛けて頂き、
「おーここにも居た、中津川人が!」と嬉しくもあり、非常に心強かったです。

それにしても、このライブハウス、雰囲気といい、音響といい、
すんばらしい!









地元の人気バンド/キャメル。
はじめて拝見させて頂きました。
リラックスした中にも、重圧で正確なビートを刻んでおられ、
熟練の技が光ります。もう、あっちこっちでダンス大会でした!
















結構な頻度で拝見させてもらっている、名古屋のソウル・オブ・リバティ。

だいたいのライブハウスは薄暗くて、タバコの煙がモウモウで、
ビール片手に〜みたいな感じなので、教育機関からは「ふさわしくない場所」、
またそこへ出入りする連中は、「教育上好ましくない人」
というレッテルを貼られがちですが、このバンドを観ていると、
一度でいいから小学校や中学校などの体育館で、
全校の児童や生徒を集めてこの熱いステージを披露して欲しい、
と、そんな気がします。

たしかに教材片手に机に向かうのも立派な大人になるための勉強だけど、
めっちゃ好きなことをトコトンやって、その道を極めることの難しさ・素晴しさを
教えるのも、これからの日本にとって重要な教育だと思う。














この日の〆は、ソウル・オブ・リバティが演奏し、
主催者の一人であるTAKAさんボーカルによる
ビートルズのナンバー「SLOW DOWN」を熱唱!

言葉の比喩ではなく、ステージとフロアが一体化しました。いや〜最高!
この画像からも、TAKAさんの人情味溢れるサービス精神が伺えると思います。














いくら歳を取っても、気のあう仲間と飲んで、笑って、
きちんと節制して(これ大事・笑)、そしてプロポーションを気遣い、キープして、
それを生かすためのお洒落を楽しんで、さらに自分に磨きをかける。

持って生まれた天性もあるけど、やっぱそれだけじゃない。
華のある人は、それなりに努力されていると思う。

”衣食足りて礼節を知る”という言葉があるけど、
ほんと良く言い当ててるなあと思う。

TAKAさん、HITOMIさんをはじめ、多くのストレイツファミリーの皆さん、
3周年おめでとうございました!僕も楽しめました!
これからも人情味溢れるハッピーなご活躍を期待しております!








それにしてもこの日、寺西氏が着ていたこのジャンバー、カッコ良かったですね。
めっちゃ僕の目に焼き付いています。(笑)








歓喜につつまれたライブも終わり、さてこれからどうしよう?
まだ時間早いし、せっかく来たんだから珍しく打ち上げに参加させて貰おうかな?
と思ったのですが、僕が訊いた段階ではまだ未定とのことだったので帰路へ。

                  また次回、ストレイツ4周年もお邪魔させて頂くことを誓い、
交通量の減った夜の高速を、1965年ローリングストーンズがリリースしたアルバム
「OUT OF OUR HEADS」を聴きながら中津川へ帰ってきました。

それにしてもこの日、朝から晩まで、たくさんの熱い人たちとお会いすることができ、
僕の使ったエネルギー以上に、良質なパワーを頂いた感じがしました。




こうして2010年12月5日、

僕の長い一日が無事終わりました。

おしまい。








とりあえず今年の更新は今号で最後です。

毎号多くの人にご覧頂いているようでして、
僕自身とても励みになります。本当にありがとうございます。

これから年末に向け、片付けるべき仕事が結構残っておりまして、
(つーか単に自分がだらしないだけの話ですが・・・)
本業以外の空いた時間はそちらへあてさせて頂きます。

ナント、今年の当HP更新を数えてみましたら40回!これは過去最多。

これもひとえに僕を支えて下さった多くのお客さん、スタッフ、家族、
そして管理人・寺西氏のご尽力あっての賜物です。
心より感謝申し上げます。

今のところ、恒例の元旦アップは未定ですが、
また来年、ここで会いましょう!

それでは良いお年を。



Cafe Adrenaline / 水野雄一





OP PAGE MY LIFE BACK NUMBER 地図・営業時間 MAIL

web Cafe Adrenaline Since January, 2000
Written in Japanese / Japanese fonts required to view this site
Copyright (C) 2000-2016 Cafe Adrenaline All Rights Reserved



SEO [PR] カード お取り寄せ ルクエ 動画 無料レンタルサーバー SEO