OP PAGE MY LIFE BACK NUMBER 地図・営業時間 MAIL

web Cafe Adrenaline vol.126
2010-3-02 (火) update
since 2000


着々と
春近し&店舗入口工作シリーズ・・・まだしつこくやってます/2月10日〜26日までの記録





■越冬したキャベツは甘く、虫食いも無いので見た目にも美しく、
冬の柔らかな日差しをあびた野菜の表情は温和で心が和みます。
ピザやパスタの具などに大活躍のこの時期、是非ご賞味下さい。




■今年に入ってからどういうわけか、ずっと店舗入り口周辺を構っております。
もちろん100%自分の意思で行っているのですが、タイミングとでも申しましょうか、
今までなんとなく気乗りしなかった事や、積極的に動いても空振りに終わっていた案件が少しづつクリアになり、
結果、今やらんでどーするん?という状況に追い込まれ、毎日せっせとやり続けている次第です。





■前号でも少しお伝えしましたが、この荒れ果てた凸凹駐車場をコンクリート舗装します。
この7年弱の間に3回ほど砂利を敷き直しましたが、敷いては踏み固められ、を繰り返すうちに、
どえらい強固な地盤になってしまい、&、頻繁にタイヤが乗る部分には轍ができ凹み、
結果、ちょっとした雨でも水溜りができ、さすがにこの辺が限界だろう感じました。
これもすべて来客に恵まれてのことなので感謝感謝です。

曲がりなりにも”人知れずクルマ好きが集まり易い店”として利用して頂いている現状もありますし、
もうじき春になればツーリングの季節、悪路が苦手なクルマ達で賑わうと予想されます。
よって、タイミング的にも今しかないという判断のもと、3月中旬〜下旬着工予定です。


■枕木28本を衝動買い・・・の図。いきなり消防仲間の加藤氏に電話をし、トラックを貸してくれるよう要請。
その足で恵那市岩村町/某所まで突っ走り、雨の降る中、半分泣きながら積み下ろし、翌日、業務に支障をきたすくらい背中が筋肉痛・・・



■その翌週、コンクリート舗装のひび割れ防止&強度補強として、基礎の中に入れるワイヤーメッシュを120枚購入。
最近の傾向として、専門の資材屋で買うより、ホームセンターの方が安いよ、とのアドバイスを受け、とりあえず120枚ゲット。
必要枚数は250枚なので残り130枚は入荷してからとなる。 つーか、めっちゃ寒いし、全て手降ろし、背中痛いし・・・


■コンクリートは約100〜120ミリの厚さで打つため、そのぶん排水のフタなどをかさ上げしなくてはいけません。これはプロに依頼。
下のラスクは、休憩時間に差し入れしたコーヒーのあて。おっちゃん、うまいうまいとバリバリ召し上がり、その後バリバリ働いてくれました。





■その日の夕方、ホームセンターから、「残りのワイヤーメッシュ130枚入荷しましたっ!」、と非常に元気の良い電話が・・・
正直、背中の張りを考えると翌日以降にしたかったのですが、このホームセンターの週末はなかなかの大繁盛でして、
無料レンタルトラックがなかなか空かないため、仕方なし金曜日の夜、引き取りに行くことにします。

今回のように比較的大きな規模の作業をする場合、とくに慌てる必要は無いのですが、どれ一つ欠けても完成しませんし、
結局はチームプレイ(人海戦術を駆使して・低予算)なので、気分が乗っても乗らなくても詰め将棋の如く、
自分のやるべき事は一手づつ、確実に進めていきます。

相変わらずぴりぴり背中は痛みますが、連日こんな調子で大きくて重たいものを運んでいると妙なもんでコツをつかんでしまい、
あっという間に130枚を一人で降ろし、PM8:00閉店ぎりぎりセーフでトラック返却。

キーを返すとき受付の兄ちゃんから、「あのぉー、ご自宅にリフトかなにかお持ちなんですか?」、と不思議そうに聞かれたので、
「あったらいいのにネ!」、と半分冗談のキレ気味の笑顔でその場を立ち去り、この日のミッションを終えます・・・思わず兄ちゃん苦笑。




■翌朝、どんどん増えていく資材を正面からパチリ。

それを見た多くの常連さんから、「マスター、今度は何すんの?」、とよく聞かれるので、
「いやーさすがにあの駐車場ではお客さんに失礼かと思いまして来月舗装します、その準備です」、と答えると、
「え?どこが?なんで?どーして?」、と逆に不思議がられることもあり、がーん!気にされてないんだ!ショック・・・みたいな事もあります。
まあ今回は、そのようなお客さんに対しても、「へー、なるほど、こーゆーことか」、と思って頂けるような駐車場を作ってみたいと思います。

■前々号でご紹介しました、チョコレートブラウン計画ですが、実はここまで繋がっています。

店内と外がなんとなく続いている感じにしたかったことが一点。もうひとつが、
完全なるバリアフリーとは言えませんが、出来るだけ段差を無くしたかったこと。
そして、そのままコンクリートでスロープを作ってもらい、駐車場まで楽にアクセス出来るようにします。

平日のアドレナリンは年齢層が幅広く、ベビーカーごと入店される主婦から、未就学のちびっ子から、ご高齢の方までじつに様々。

相変わらず厳しい世の中ですが、にもかかわらず足繁く通って下さるお客さんに恵まれている現状を考えますと、今やらなきゃ、と思い実行中です。



















Cafe Adrenaline / 水野雄一


■おかげさまで現在、背中痛いの・・・直りました。



OP PAGE MY LIFE BACK NUMBER 地図・営業時間 MAIL

web Cafe Adrenaline Since January, 2000
Written in Japanese / Japanese fonts required to view this site
Copyright (C) 2000-2016 Cafe Adrenaline All Rights Reserved



SEO [PR] カード お取り寄せ ルクエ 動画 無料レンタルサーバー SEO