OP PAGE MY LIFE BACK NUMBER 地図・営業時間 MAIL


web Cafe Adrenaline vol.100
2009-5-08 (金) update
since 2000


Thanks! vol.100
9年5ヶ月で100号達成とは、ずいぶんナマクラですな・・・





偶然にも100号を書いている時に、M100型/ロータスエランSEがご来店。
なにかと賛否の分かれるモデルですが、こんな楽しいFFは滅多に無いんだからアリだと思います。
初代エランにも、現行エリーゼにも無い、がっつりフロントにトラクションのかかった、ぎりぎりのバランス感覚をお試しあれ。











以前vol.82でもご紹介しましたT氏所有の’93/最終型アルファロメオ・スパイダー
いざ運転してみると、シャキっとしたところが一つも無いクルマですが、10分くらいすると馴れます。(笑)

まったりとしたエンジンフィール、脱臼したかのようなシフトフィーリング、効かないブレーキ、
日本人とドイツ人には理解不能なシャーシ設計(※とくにサスペンションのダルな設計には閉口)などなど・・・

不満な点はいくつもありますが、それらを一蹴してしまうキーワードがあります。それは・・・

「小舟」、そう、これは湖畔ゆったりと滑らせる小舟である!ということさえ認識できれば、
その全てが愛おしく感じられ、おのずとその作法も身に付くもの。イタリア万歳。













Thanks! '09GW
今年も荒れました、楽しめました、(笑) Cafe Adrenaline ゴールデンウィーク報告!



いや〜久しぶりに参った!って感じです、富山県からお越しのS氏、
オークションで1973年式のポルシェ911/Tのエンジンを落札され、それをお隣りの岐阜県恵那市まで引き取りにみえ、
ついでに、(※念願でしたと言ってくれて嬉しかったです)、当店までお越し頂きまして有難うございました。

ポルシェでのご来店は決して珍しくありませんが、ポルシェエンジン単体でのご来店は前代未聞!

「せっかくだから写真撮ろうよ」、と僕が誘い、S氏とその彼女に対し強制的にトラックの荷台に乗ってもらい、
え?え?と戸惑うお二人に、シャッターを切ったのがこれらの画像。

なんとS氏、現在ベック550スパイダーを物色中で、このエンジンはそれに載せる予定だとか。うーむ、イカス!
つーかS氏、’72/911Sのオーナーでもあります。(汗)














でた、フレンチスポーツの王子様、アルピーヌA110!
なんでも納車直後のご来店だそうで、誠に恐縮です。

このクルマについて語りだしたらキリが無いので、手短に。
一言で言えば、「僕にとってのホームラン!」、です。(笑)

















結構久しぶり?、コペン軍団ご一行様、つーか今回は4台4名様/全て女性、これは初の快挙。
しかも、どの車両もノーマルじゃなくて、センス良くモディファイされており非常に好感がもてますな。
その心意気に参りましたっ、という感じです。とくにこの笑顔にはやられました↓最高。








vol.90でご紹介しました、リスキー氏のパンテーラがこのようになって帰ってきましたっ!!

一歩間違うと、極道ルックであり、仏壇カラーであり、レクサスのショールーム風にも見えますが、(失礼)
そこを寸止め、ギリギリ回避しているところがリスキー氏のリスキーたる所以とでも申しましょうか。やってくれます!












このオレンジは美しかったです。






こちらは貴重な本物のGT5。現存するのは世界で3台くらい?






↓こちらはイッチー氏の993、毎度感謝です。
2009年6月7日 (日)/ラグーナ蒲郡で行われる”PORSCHE CENTRAL MEETING”の主催者でもあります。
当日は200台集めるそうです。やるな〜。つーか、カレラデカール剥がしたの?今気付きました。(苦笑)


デトマソ・パンテーラにしろ、アルピーヌにしろ、コペンにしろ、
そのクルマのキャラクターに見合ったオーナー像があるわけでして、価値観もバラバラのようです。
僕の目から見て、やはり、なんとなく車種ごとに一括りにできてしまう生態があるように感じられます。
いや、そうでもしないと僕の仕事がやり難いから無理矢理そうしているだけかも知れません。

それは区別でもなく差別でもなく、
不特定多数のクルマ好きのお客さんをお迎えする上で必要な”突破口”だと認識しています。
せっかく来てくれたんだから何かしら言葉を交わしてお見送りしよう、その取っ掛かりの突破口、
それが僕の中で勝手に決めた、車種ごとのイメージ/固定観念を足がかりにしているのかも知れません。

しかし、お楽しみはそこからの先でして、
こうだ!と思い込んで突破口を切り開いて突入してみたら、イメージと全く違った、という状況に出くわすこともしばしば。

じつはこれが一番楽しい。

世の中にはいろんな人がいて、いろんな人生を歩み、
それらが凝縮されて、今のその人の個性があり、その個性を元にそのクルマを選び、仕上げ、
仲間を集めて楽しむ人もみえれば、終始一匹狼に徹する人もみえる。

もちろんそこには僕自身/水野雄一という個人の価値観があるので、
中には共感できない部分もあったりするのだが、そこにフタをしてしまうと全く面白くない。

あえて、そういう段階では固定観念を極力排除し、
いろんな角度から、その共感できない部分を眺めてみる、
そこで理解できれば安心するし、仮にそうでなかったとしても、
「世の中にはいろんな思考の人がいるんだ」、と納得するようにしている。

ある意味これは、クルマ趣味を続けていく上で、
また、客商売を続けていく上で、普遍的なことだと思う。












GW後半は生憎の雨。
それでも多くの来客に恵まれました。

冷たい雨に打たれるkenken氏のカングー。





あらためまして祝100号、
テキトーな更新にもかかわらず、ずっと見守ってくれた方に感謝。
また、ひょんなことから、ここへ流れ着いた方、これからも宜しく。

そして当ウェブサイト、初代管理人の綾ちゃん、二代目の卓也氏、そして現在の寺西氏、
また僕がPCを始めた頃、手取り足取り教えてくれて、ホームページの試作まで行ってくれた内田氏、
みなさんのサポート無しではここまで続けることはできませんでした。この場を借りまして、心より感謝申し上げます。





GW最終日、ランチに来てくれた現在の管理人/寺西氏と、お二人のお嬢さん。
奥様はお仕事の都合で同行できず残念。※ちなみに奥様と、うちのかみさんは同級生の幼馴染。

今月23日 (土)は、寺西氏主催のロックンロールイベント/「Hello!!RockNight♯7」が近くのライブハウスで行われます。
もちろん僕も伺います。前売りチケットは当店でも扱っておりますのでお気軽にお尋ねください。


さて、仕事がんばりますか!



Cafe Adrenaline / 水野雄一







OP PAGE MY LIFE BACK NUMBER 地図・営業時間 MAIL

web Cafe Adrenaline Since January, 2000
Written in Japanese / Japanese fonts required to view this site
Copyright (C) 2000-2016 Cafe Adrenaline All Rights Reserved



SEO [PR] カード お取り寄せ ルクエ 動画 無料レンタルサーバー SEO