OP PAGE MY LIFE BACK NUMBER 地図・営業時間 MAIL

web Cafe Adrenaline vol.98
2009-4-01 (水) update
since 2000


Spring ephemeral
※この季節にだけ発生する植物・昆虫類を総称してスプリング・エフェメラルと呼ぶ。

現在、この界隈で満開なのは、坂本小学校/正門のサクラ。
まだ朝晩は結構冷え込むのですが、ここだけは、お〜、春爛漫!といった感じです。
早いもんで、あと一週間もしないうちに、ここに息子が通い始めます。どーなることやら。



これは今、うちの庭で咲いている水菜の花。
そう、パスタのトッピングに使っている、あの水菜です。
うーむ、なんだか、天ぷらにしても美味しそうじゃない?もしくはピザの具とか。(笑)




たしか名古屋時代に、某有名・輸入雑貨店のフランスコーナーで買った陶器の灰皿。
創業以来ずーっと、予備の灰皿として使ってきましたが、最近、はじめて気付きました・・・

この灰皿、は、は、花アート、って書いてあるやんけー!
絶対フランスちゃうやんけー!!



かれこれ10年以上も前に大ヒットした「カーディガンズ」、
なぜか僕の中では春CDです。

ニーナ・パーションの甘ったるくてキュートなボーカルがそう思わせるのかもしれません。
ま、なんと言っても、このバンドの魅力は’60年代のアコースティックで、シンプルなロックサウンドに尽きます。
妙にメルヘンチックで透明感があって、クールなんだけど暖かい、おー、これぞスウェーデンのバンド!と思わせます。

現在も活動中ですが、残念ながらメジャーになりすぎたようで、いまいち、的を絞りきれていないように感じます。

プロのミュージシャンとして、音楽的な精度を高めていくことは大いに結構ですが、
それがイコール、ヒットする(=多くの人に受け入れられる/感動を与える)とは限りません。

それは僕らのような業界でも同じことで、日々、トレンドは変化し、進化していますが、
そればかり追っていては、店としての面白みに欠けてしまいます。※ただし、トレンドを把握することは重要だと思います。

理論的に考えれば、ダメなものは徹底排除し、良いものだけを掻き集めれば、
それで良い音楽や、良い飲食店が簡単に出来そうなのですが、実際にはありえません。

やはり、人に感動を与える、という作業は、理詰めでは限界があるようです。

また、それは、今のクルマ業界にも同じことが言えるのかもしれません。

”持ち味を生かす”、という言葉があります。

この意味をどう解釈するかで、その後の結果が真っ二つに分かれると思うのですが・・・



↓これは、とっても雰囲気のあった’90年代中頃のPV、どぞ。























'09 March 29
ここ最近、毎週のように繰り広げられております、休日のクルマ好きの輪!
今回は、vol.85でご紹介いたしました、I氏ご一行様が参上。

この日は、’80年代のスーパーなクルマが終結。
暖かくなると、どこからともなく出没します。 ある意味、クルマの世界でもスプリング・エフェメラルってあるよね。

※この撮影の30分後くらいに、I氏ご一行様の第2陣がどどどーっと到着されましたが、
残念ながら、僕の手が空きませんで、撮影ならず。この場をお借りしてお詫び申し上げます!(汗)


いつ見てもビシっとしている930ターボ&カレラ。うーむ、凛々しい。

正直、ダメな部分もいっぱいあるクルマだと思うのですが、
人間と同じで、長所短所は表裏一体、という思想があるがゆえ、
製造後、20年以上が経過した今なお、世界中のファンに感動を与えています。

やっぱし、このデザインのホイルなら、このようにABS無しの凹んだ星型の方が美しいかも。


いろんな意味で、春に感謝。




Cafe Adrenaline/水野雄一







OP PAGE MY LIFE BACK NUMBER 地図・営業時間 MAIL

web Cafe Adrenaline Since January, 2000
Written in Japanese / Japanese fonts required to view this site
Copyright (C) 2000-2016 Cafe Adrenaline All Rights Reserved



SEO [PR] カード お取り寄せ ルクエ 動画 無料レンタルサーバー SEO