OP PAGE MY LIFE BACK NUMBER 地図・営業時間 MAIL

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
web Cafe Adrenaline vol.68
2008-8-01 (金) update
since 2000



Make-up of check!

2008 なんだか忘れられない思い出になりました(笑)

かねてより店の北側壁面の表情が寂しいと思っていましたので、こんな風に戦って遊んでみました。(笑)

なかなか手ごわかったです。

仕事の合間に、なんとなくこれまで頭の中にあったイメージを紙に描いてみて、(ずいぶんラフやなー)
実際の寸法を測り、それがどんな風に収まるのか確認します。

”在庫27コ”とは、以前、店の正面に張ったオレンジ色のタイルのことで、今回はその子も塗り直して使います。
計算上、131コのタイルがいることが判明し、在庫を差し引いた104コを作ることになりました。


材料は、これまで色々作ったあとに余った端材をストックしておいたベニヤ板。
そいつをホームセンターのマシンを使って15cm角の正方形にカットします。

で、アクリル性のペンキを塗り、四隅に25ミリの木ネジを半分くらいまで打ち込み、
とりあえずこれで仕込み完了!の図。

まあこういう、地味で、単調なコツコツ仕事は嫌いじゃないし、慣れているつもりですが、
さすがにこの暑い中、外でペンキを塗るのは頭がクラクラしますし、
1枚のタイルに4本のネジを打ち込み×131枚=524本のネジを打つのは正気の沙汰ではありません。





翌朝(7月30日・水曜日・am7:00)、定休日を利用して、いざ!「怒涛のタイル貼り」がスタート!








まずは下の段からスタートしますが・・・なんと20枚張り終えたところで早くも休憩。(笑)

いや・・・暑いですって! まだ朝の7時半なのに30℃もあるし。
尚且つ、この建物自体、微妙に東に向いているのでそのぶん朝陽が当たってよけーに暑い。

しかもこの外壁、アホみたいに分厚い石膏ボードなので、(見た目は木っぽいけど・・・耐久性を考えてそうしました)
なっかなかネジが打ち込めません。なので一本一本、全体重をかけるようにして打ち込みます。汗だくです。
なにかの修行みたいです。

そうこうしているうちにドリルの電池パック(バッテリー)が切れて、予備のやつと交換して、
電池が無くなったほうは充電したいんだけど、あまりに熱くなりすぎて充電器が受け付けてくれない事態が発生!

なので、できるかぎり涼しい場所においてクールダウンさせるけど、いっこうに冷える気配なし。


でも、なんやかんや言いつつ、とりあえず下の段はクリアしましたが、
上の段にさしかかったところで2個目の電池パックも尽きました・・・。 よって作業中断。(;´Д`)
つーか、ちょうど僕の体力も尽きたところだったので良かった。
つーか、am10:00から美容院を予約してあったので、どちらにしてもここで一旦バイバイキン。



で、髪切ってもらいながら、「なんかー水野さんってー、今日はお疲れ?」と聞かれつつ、
答えるのが面倒だったのですごくテキトーな返事をしてしまって真由ちゃんごめんなさい。
で、戻ってきてから家でお昼ご飯を食べまして、30分くらい昼寝をしまして、
で、僕も、バッテリーも、フル充電したところで作業再開!

しっかし、こっからが地獄やったね。
見ての通り、上の段のほとんどに窓が邪魔して脚立がかけられないんだよね。
だから3枚(上・中・下)打ったら、いったん脚立から降りて、左へずらして、
(ちょうど■と■の間のところに脚立をかけるという作戦ですわ)
で、また登って、3枚打って、また降りて、ずらしての繰り返し。

さっきも書いたように、一本のネジを打ち込むのに、その都度、全体重をかけてやるので、
そりゃもうハードでクレイジーな作業よ、しかも脚立の上でだから。なんかね、SWATの訓練みたい。(笑)

けどさ、好きなんだよねー、こーゆーバカみたいな作業が。


で、pm2:00 やっとこ完成です。

と思った瞬間!・・・・今度はデジカメのバッテリーが尽きました。 よって撮影中断(;´Д`)






はい、夕方5:00です。デジカメ復旧しました。

なんか、ひと雨きそうな天気ですが、
えー、約2日間にわたって行なわれました”店舗北側チェック柄/大作戦”、ですが、
これにてミッション完了です!



途中、あまりに暑くて休憩を入れつつも、

途中、電動ドリルを持つ右手に違和感を覚え、なんだろ?と思って軍手をめくって見てみると、
あまりに強く握りしめたためか、手のひらにマメができ、それがやがてつぶれつつも、

そしたら今度はバッテリーが無くなり作業中断を余儀なくされつつも、

脚立に登って作業をしていたら、軒下に数匹のアシナガ蜂が巣を作っている最中で、
困ったな、と思って静観していたら、どんどん仲間がやってきて巣作りが急ピッチで進む気配だったので、
こりゃまずいと思い、ごめんねと言いながら棒ではたき落とし、あーやれやれと思ったら、
「あれ?ここらへんに俺たちの巣があったよな?お前、知らね?」、とアシナガ蜂に聞かれたので、
「いや〜見かけませんでしたけど・・・」、と言うと、
「あれ〜?おっかしいな〜」、と言いつつどこかへ飛んでいったので、シメシメと思い、作業を再開したら、
今度は仲間をいっぱい連れてきて、「な、確かにここにあったよな!みんなで探してくれ!」、みたいなことを言って、
ブンブンしだしたので、おいおいマジかよ〜と思いつつ、仕方なく脚立から降りてじっと見ていたら、
その横をバイクに乗った警察官が、「お前、なんか怪しい」、みたいな感じで見られつつも、

無事、予定通り、イメージ通りの任務が果たせましたっ!







そうやって思うとさ、↑これをやった時は楽ちんだったよなー。

当時の日記をみると、「2005年4月12日 (水)、2時間くらいで完了した」、って書いてある。

たぶん季節として、暑くもなく寒くもなく、ってのが良かったんだろうと思うし、
今回と比べたら、足場の条件が格段に良かったから効率よく出来たんだろうね。

おそらく使用したタイルの枚数は同じくらいだと思うけど、
結果的に、倍の時間がかかったし、疲労度なんて倍以上だよ。

あー、けど楽しかったわ。













Cafe Adrenaline/水野雄一







OP PAGE MY LIFE BACK NUMBER 地図・営業時間 MAIL

web Cafe Adrenaline Since January, 2000
Written in Japanese / Japanese fonts required to view this site
Copyright (C) 2000-2016 Cafe Adrenaline All Rights Reserved



SEO [PR] カード お取り寄せ ルクエ 動画 無料レンタルサーバー SEO